本文へスキップします。

メニュー

    • 文字サイズ
  • English
    • facebook
    • twitter

札幌文化芸術交流センター SCARTS札幌文化芸術交流センター SCARTSスマートフォンサイト

ひと・もの・ことをつなぐ。創造性の光をむすぶ。


札幌文化芸術交流センター SCARTSスマートフォンサイト メニューを閉じる

ここから本文です。


SCARTSで開催されるイベント


++A&T 01 三宅唱
「7月32日 July 32, Sapporo park」

++A&T 01 三宅唱
「7月32日 July 32, Sapporo park」


++A&T -SCARTS ART & TECHNOLOGY Project- (プラプラット)は、アーティストや研究者、SCARTS、
そしてワークショップ等に参加してくれる子ども達とともに、 創作する「場」をつくっていくプロジェクトです。 毎回「テクノロジー」に関わるテーマを設定した上で、コラボレーションを行っています。

今回は「映像」をテーマに、札幌出身の映画監督・三宅唱を迎えました。
夏まっさかりの7月末、札幌の高校生とともに4日間にわたって行ったワークショップでは、スマートフォンのカメラを使い、 さまざまな風景を発見し、捉えました。

このワークショップに参加した高校生よるショートムービーと、三宅による彼らのポートレート、そして三宅の捉えた札幌の風景による映像インスタレーションが、 SCARTSモールCに出現します。

日時
2019年11月28日(木)~ 12月15日(日)
会場
札幌文化芸術交流センター SCARTS SCARTSモールC 
ARTIST
三宅 唱(みやけ しょう)

1984年北海道札幌市生まれ。一橋大学社会学部卒業、映画美学校フィクションコース初等科修了。2010年初長編「やくたたず」ののち、12年劇場公開1作目「Playback」を発表、同作はロカルノ国際映画祭インターナショナルコンペティション部門に正式出品された他、高崎映画祭新進監督グランプリ、日本映画プロフェッショナル大賞新人監督賞を受賞した。14年音楽ドキュメンタリー「THE COCKPIT」、17年オリジナル時代劇「密使と番人」を監督。18年佐藤泰志原作の映画化作品「きみの鳥はうたえる」を発表、同年はベルリン映画祭フォーラム部門に正式出品にされた他、キネマ旬報主演男優賞(柄本佑)を受賞するなどした。同年、山口情報芸術センター【YCAM】製作の映画「ワイルドツアー」と初のビデオインスタレーション作品「ワールドツアー」を発表した。
三宅唱監督スペシャルナイト@シアターキノ
『ワイルドツアー』『きみの鳥はうたえる』上映&三宅監督トーク

山口市で実施された滞在型映画制作プロジェクトにて、三宅唱が地元の中高生とともに完成させた映画『ワイルドツアー』(札幌初公開)と、函館を舞台に、3人の若者が過ごすかけがえのない日常を捉えた映画『きみの鳥はうたえる』を同時上映します。また、三宅唱による舞台挨拶も行います。

日 時|11月29日(金)19時台で上映予定
   ※正式な上映時間は、11/19(火)にシアターキノホームページにて発表します。

会 場|シアターキノ

上映予定時間|3時間30分(休憩あり) 三宅監督による舞台挨拶あり

料 金|一般前売 1500円(当日1800円)/キノ会員前売 1200円(当日1500円)

共 催|シアターキノ

詳細・問い合わせ|シアターキノ
(札幌市中央区狸小路6丁目南3条グランドビル2F / TEL 011-231-9355 ) https://www.theaterkino.net/ 
++A&T 2019を振り返る会
2019年度の++A&Tでは、三宅唱と乙女電芸部の二組を招聘してそれぞれのプロジェクトを行いました。この取り組みを振り返り、アートとテクノロジーとの関わりや可能性、今後の展開について考えるトークイベントを開催します。

日 時|2020年3月21日(土)14:00〜16:00
会 場|SCARTSコート ※入場無料

登壇者|三宅唱、矢島佳澄(乙女電芸部)、今野恵菜(乙女電芸部)、
    岩田拓朗(SCARTSテクニカル・ディレクター)
SCARTS CROSS TALK
SCARTS CROSS TALK 2019.11.08 [三宅 唱×岩田 拓朗]

料金
無料
お問い合わせ先
札幌文化芸術交流センター SCARTS 011-271-1955
チラシダウンロード
チラシPDFのサムネイル画像
チラシをダウンロード >>