本文へスキップします。

メニュー

    • 文字サイズ
  • English
    • facebook
    • twitter

札幌文化芸術交流センター SCARTS札幌文化芸術交流センター SCARTSスマートフォンサイト

ひと・もの・ことをつなぐ。創造性の光をむすぶ。


札幌文化芸術交流センター SCARTSスマートフォンサイト メニューを閉じる

ここから本文です。


SCARTSで開催されるイベント


まちなか お昼のおんがくかい 爽秋アンビエント・ミュージック

まちなか お昼のおんがくかい 爽秋アンビエント・ミュージック


海の声、森の声
北海道の各地でフィールド・レコーディングした音を使用した電子音響音楽のライブ・パフォーマンス。
アンビエント・ミュージックとは、ある特定の場所や空間の空気感もしくは思想を表す環境音楽です。イギリスのアーティスト 、ブライアン・イーノが提唱し「空港の為の音楽」が代表的な作品です。
黄金岬や石狩の海の音、置戸町の木々や風、麦畑が揺れる音など、北海道各地でフィールド・レコーディングした音を用いた実験的な音楽ライブによって、SCARTSコートが幻想空間となります。

日時
2019年9月23日(月・祝)
開演 14:00(13:30開場)
会場
札幌文化芸術交流センター SCARTS SCARTSコート 
出演
chiharu mk(実験音楽、電子音楽)
フランスGRMで電子音響音楽を、そしてMOTUSが主催するFUTURAにて多次元立体音響スピーカー・システム「アクースモニウム」の奏法を学ぶ。
ピアノと電子音響の1st アルバム『piano prizm』の鮮烈な作風が国内はじめ、海外メディア・音楽雑誌で話題となり、その後も水中マイクhydrophoneを使用した『waterproof』、スリッド・ドラム[波紋音]とフィールド・レコーディングを融合させた『blue flow』など、常に先鋭的なアプローチで作品を発表。
今年5月にリリースしたNew Album『pure culture』がタワーレコードのレコメンド・ディスクとして注目を集めている。
Out of the concert hall をコンセプトとしたライブ・パフォーマンスやサウンド・インスタレーションを展開し、モエレ沼公園「ガラスのピラミッド」、横浜三渓園内旧燈明寺、白老トビウの森、夜の水族館など独自な空間でライブを行う。昨年は香港アートセンター40周年記念企画「マルチチャンネル・ミュージックフェスティバル “Sound Forms 2018”」(CMHK)のスペシャルゲストとして招待を受け、フェスティバルのクロージング・ステージをつとめる。
その他、ファッション・ブランド「sunaokuwahara」のイメージ楽曲をはじめ、ドイツの現代アーティスト・Nina Fischer & Maroan el Saniの映像作品「Snow Division」の音楽や、美術館でのサウンド・インスタレーション展示、コンテンポラリーダンスなどの音楽制作も行なっている。

https://www.studio-cplus.net/
曲目
Gift from the sea
A wind blowing from the forest ほか
①新譜のイメージ映像
https://www.youtube.com/watch?v=jUGzlr35vJI
②過去のライブ映像
https://youtu.be/a3hhZJqTU18
料金
全席自由
無料
お問い合わせ先
札幌文化芸術交流センター SCARTS(TEL:011-271-1955)

※曲目、出演者、開演時間等は変更になる場合がございますので、ご了承ください。

※曲目は、やむを得ない事情により変更になる場合がございます。あらかじめご了承ください。

チラシダウンロード
チラシPDFのサムネイル画像
チラシをダウンロード >>