本文へスキップします。

メニュー

    • 文字サイズ
  • English
    • facebook
    • twitter
    • instagram
    • youtube

札幌文化芸術交流センター SCARTS札幌文化芸術交流センター SCARTSスマートフォンサイト

ひと・もの・ことをつなぐ。創造性の光をむすぶ。


札幌文化芸術交流センター SCARTSスマートフォンサイト メニューを閉じる

ここから本文です。


SCARTSで開催されるイベント


さっぽろ天神山アートスタジオ
クロストーク「パンデミックとアーティスト・イン・レジデンス」

さっぽろ天神山アートスタジオ
クロストーク「パンデミックとアーティスト・イン・レジデンス」


さっぽろ天神山アートスタジオは、札幌市による公的なアーティスト・イン・レジデンス拠点です。国内外から、文化芸術分野におけるプレイヤーから裏方、環境整備にかかわる人々が集い、施設の機能や資源を最大限に活かしながら、創作やリサーチ等の文化芸術活動に利用しています。

毎年、国際公募プログラムも実施しており、国際的に活躍するアーティストやキュレーターからなる選考委員によって選ばれた招聘アーティストは、札幌にて一定の滞在制作を行い、成果発表を行ってきました。

しかし、新型コロナウイルスの世界的な感染拡大を受け、身体的な移動を伴う招聘が難しくなったことに伴い、2021年度は思考を切り替え、同スタジオにとって初となるオンライン・レジデンシー「Swimming in AIR 」が行われることとなりました。8月31日~10月29日の期間で、イギリスのジョシュア・ソファー、ベトナム/アメリカのチャ・グエンが活動しているほか、同時期滞在日本AIRや、交換プログラム、アーティストのための記録ワークショップなど、今できる様々な活動が展開されています。

この度、SCARTSを会場として開催するクロストークでは、2021国際公募AIRプログラム公募の選考委員を務めた、遠藤 水城(キュレーター) 、小田井 真美(さっぽろ天神山アートスタジオAIRディレクター) そして、Zoom参加となるカン・ミンヒョン(アートスペースBarimディレクター)が登壇し、この度の「オンライン・レジデンシー」について、そしてレジデンスやアーティストの制作活動に関するさまざまなトピックスについて、参加者からの質問や問題提起に答えるかたちで対話を行います。

また、現在オンライン・レジデンシーでリサーチプロジェクト真っ最中のインドネシア Jatiwangi Art Factory アリー・シャリフディンが、さっぽろ天神山アートスタジオをはじめとする海外の組織と共同で取り組むTerracotta Embassy企画についてプレゼンテーションを行います。このプロジェクトは、2022年ドイツカッセルで開催されるドクメンタ15に参加します。

日時
2021年10月19日(火)
19:00 ~ 20:30
会場
札幌文化芸術交流センター SCARTS SCARTSコート 
聞きて&話して
 
遠藤 水城(キュレーター)

小田井 真美(さっぽろ天神山アートスタジオAIRディレクター)

zoomでの登壇(予定):カンミンヒョン(アートスペースBarimディレクター)

プレゼンテーター:アリー・シャリフディン

司会:漆 崇博(一般社団法人 AISプランニング)
質問と話題提供をお待ちしています
ご来場いただける方は、ぜひ下記のフォームから質問や問題提起をお寄せください。
トークは収録され、編集後、後日SCARTSと天神山アートスタジオのWEBサイトで公開しますので、来場できない方からの投稿もお待ちしております。
(事前投稿のない方もご来場いただけますが、座席が定員に達した場合は、投稿されていた方が優先となりますのでご了承ください。)

①オンラインフォーム
10月18日(月)までに質問・話題を提供してください
https://www.secure-cloud.jp/sf/1631848800fHFoETif

② 会場にいく
トークイベント当日に発言するまたは紙に書いて提出してください
プロフィール
姜 旻亨(カン・ミンヒョン)
Barimディレクター、キュレーター、通訳者
東京藝術大学大学院にてニューメディアアートを専攻したカンは、アーティスト、キュレーター、また韓国の光州にあるインディペンデント・アーティス・ラン・スペースBarimのディレクターとして、ヴィジュアルアートのフィールドで広範囲に活動しています。彼女の興味は、特にアートプラクティスとしてのトランスローカリティと脱中心化に向けられ、従来のローカリティの理解に縛られずに、特にニューテクノロジーに注目しながら、アートをローカルに実践する可能性について、研究しています。最近の彼女の仕事としては、デジタル・テクノロジーを扱う新しい様式のアートを模索した、Degitalというフラットフォームがあげられます(degitalarts.xyz)。

遠藤 水城
1975年札幌生まれ。キュレーター。2004年、九州大学比較社会文化研究学府博士後期課程満期退学。art space tetra (2004/福岡)、Future Prospects Art Space (2005/マニラ)、遊戯室(2007/水戸)などのアートスペースの設立に携わる。 2005年、若手キュレーターに贈られる国際賞「Lorenzo Bonaldi Art Prize」を受賞。2007年、Asian Cultural Councilフェローとして米国に滞在。同年より2010年までARCUS Projectのディレクターを務める。2011年より「東山 アーティスツ・プレイスメント・サービス」エグゼクティブディレクター。2017年より2020年、ヴェトナムはハノイに新しく設立されたVincom Center for Contemporary Artの芸術監督を務める。国際美術評論家連盟会員。京都芸術大学客員教授。

小田井 真美
1966年 広島市生まれ。npo S-AIR(北海道)、Trans Artists(オランダ)、アーカスプロジェクト(茨城)、VISUAL ARTS FOCUS(フランス)など国内外のAIR事業とその背景に関するリサーチ及び、AIR事業設計・事業運営や創造的活動のための環境整備に多数関わる。現在はアートとリサーチセンター、さっぽろ天神山アートスタジオAIRディレクター。チームやめように加入。
料金
全席自由
無料 ※定員20名程度
主催
さっぽろ天神山アートスタジオ、札幌文化芸術交流センター SCARTS(札幌市芸術文化財団)
お問い合わせ先
さっぽろ天神山アートスタジオ TEL:011-820-2140