本文へスキップします。

メニュー

    • 文字サイズ
  • English
    • facebook
    • twitter
    • instagram
    • youtube

札幌文化芸術交流センター SCARTS札幌文化芸術交流センター SCARTSスマートフォンサイト

ひと・もの・ことをつなぐ。創造性の光をむすぶ。


札幌文化芸術交流センター SCARTSスマートフォンサイト メニューを閉じる

ここから本文です。


SCARTSで開催されるイベント


【参加者募集延長】++A&T 06 大和田俊 × SCARTS × CoSTEP × 札幌の高校生たち「地球をかたづける」

【参加者募集延長】++A&T 06 大和田俊 × SCARTS × CoSTEP × 札幌の高校生たち「地球をかたづける」


++A&T -SCARTS ART & TECHNOLOGY Project-  (プラプラット)は、アーティストや研究者、SCARTS、そしてワークショップに参加する 中学生・高校生と共に、創作する「場」をつくるプロジェクトです。毎回「テクノロジー」に関わるテーマでワークショップを行い、その成果発表としての展覧会を開催しています。
第6弾では、アーティストの大和田俊氏を迎えます。「地球をかたづける」をテーマに、2億7千万年前の生物の化石を使った大和田氏の代表的な美術作品《unearth》をとりあげます。それは、普段感じている世界や環境に対するイメージをはるかにこえ、長い地球の歴史の中に自分が存在していることを改めて思い起こさせます。
今回大和田氏は、北海道大学の研究者に話を聞き、「リサイクル」という概念に着目しました。地球規模で見ると、「ごみ」や「リサイクル」という概念が全く違ったものに見えてきます。わたしたちが当たり前に認識するその先に、どのような世界を考えることができるでしょうか?
今回のワークショップでは、参加者全員で大和田氏の作品を解体・分解しながら、「かたづける」とはどういうことなのかを考えます。

日時
2021年11月6日(土)・7日(日)
10:00 ~ 17:00
会場
札幌文化芸術交流センター SCARTS SCARTSスタジオ 
ワークショップ内容
《unearth》を鑑賞しよう!
大和田氏の代表作《unearth》を鑑賞押し、現代アート作品への理解を深めます。
《unearth》を解体しよう!
石やマイクなど、たくさんの要素で成り立っている《unearth》を分解し、その成り立ちを知ります。
研究者に話を聞いてみよう!
北海道大学で再生可能エネルギ〜やリサイクルシステムを研究する石井一英教授など、研究者のお話を聞き、地球の仕組みや物質循環について学びながら、「かたづける」とはどういうことなのかを考えます。
《unearth》をかたづけよう!
《unearth》を「かたづける」にはどんな方法があるのか、研究者に相談しながら、アーティストと一緒に考えます。
申込方法
募集期間:2021年9月22日(水)〜10月26日(火)
【募集期間延長】11月2日(火)まで参加者募集を延長します!
対象年齢:15〜18歳(高校生以上)
参加条件:11月6日(土)、7日(日)の2日間参加できること
定員:10名(定員に達し次第、受付終了)
参加費無料
申込フォームからお申し込みください。
アーティスト
大和田 俊
1985年栃木県生まれ。サウンド・アーティスト。音響と、生物としてのヒトの身体や知覚、環境との関わりに関心を持ちながら、電子音響作品やインスタレーションの制作を行っている。東京藝術大学音楽学部卒業、同大学院美術美術研究科修了。主な展示に「Tokyo Experimental Festival Vol.9」(トーキョーワンダーサイト本郷、東京、2014)、同展示で最優秀賞を受賞。2020年には、個展「破裂OKひろがり」(小山市車屋美術館、栃木)を開催。
お問い合わせ先
札幌文化芸術交流センター SCARTS TEL 011-271-1955(9:00〜17:00)
チラシダウンロード
チラシPDFのサムネイル画像
チラシ表面をダウンロード >>
チラシ裏面をダウンロード >>