本文へスキップします。

メニュー

    • 文字サイズ
  • English
    • facebook
    • twitter

札幌文化芸術交流センター SCARTS札幌文化芸術交流センター SCARTSスマートフォンサイト

ひと・もの・ことをつなぐ。創造性の光をむすぶ。


札幌文化芸術交流センター SCARTSスマートフォンサイト メニューを閉じる

ここから本文です。


SCARTSアートコミュニケーター


スカーツアートコミュニケーター2018

SCARTS(スカーツ)アートコミュニケーターって何?

札幌の新たな文化芸術の拠点として2018年10月にオープンする「札幌市民交流プラザ」内の「札幌文化芸術交流センター SCARTS」では、「SCARTSアートコミュニケーター」を募集します。特別な資格などはいりません。アーティストや文化芸術に関わる専門家、そして札幌市民交流プラザに集う仲間とともに、市民とアートのつなぎ手として自発的に活動していただきます。家でもなく、職場や学校でもない、第3の居場所として、世代や職業などを超えた多様なメンバーと活動してみませんか?

どんな活動をするの?

  • どんな活動をするの?発信イメージ

    札幌市民交流プラザで行われるあんなことこんなこと、アートコミュニケーターの活動をWEBなどで発信します。

  • どんな活動をするの?対話イメージ

    鑑賞者との対話を通して、作品との出会いの入り口をつくります。

  • どんな活動をするの?創造イメージ

    ワークショップなどを通じて、アーティストや子どもたちとともに創造とコミュニケーションの場をつくります。

  • どんな活動をするの?企画イメージ

    札幌市民交流プラザを舞台にしたオリジナルの企画を通して、自分たちの「やってみたい」をかたちにします。

アートコミュニケーター募集について
【7/10に受付を終了しました】

応募条件

応募条件イメージ
  • 18歳以上(2018年8月1日現在、高校生を除く)の方で、日本語で日常会話ができる方
  • 美術、実演芸術等の文化芸術に関心があり、積極的に学び、活動意欲のある方
  • SCARTSのミッション(ひと、もの、ことをつなぐ)を理解し、共感して活動のできる方
  • 下記に記載の講座に原則としてすべて参加可能な方
  • 月2回以上の活動に参加可能な方
  • 電子メールでの連絡が可能な方

活動条件

  1. アートコミュニケーターの活動は無償です。交通費、謝礼等の支給はありません。ただし、開催される講座に無料で参加できます。
  2. アートコミュニケーターの登録期間は原則1年間とします(今期は2018年8月~2020年3月の1年8ヶ月間)。以降は本人とSCARTSが双方合意の上、年度ごとに登録更新し、任期は最長2022年3月までとします。
  3. SCARTSのウェブサイト等を読み、電子メールでの連絡ができること。

活動場所

札幌市民交流プラザ 住所:札幌市中央区北1条西1丁目

応募方法

応募方法イメージ

以下の書類を郵送してください。

  • アートコミュニケーター応募用紙

    アートコミュニケーター応募用紙(PDF形式:355KB)

  • 課題
    「アートコミュニケーターに応募する動機について、その背景になっているあなたの体験を交えて述べてください。」
    A4用紙1枚にまとめ、必ず氏名を記入してください。記載様式は自由ですが、A4規格外の用紙使用や裏面への記載は選考対象となりませんのでご注意ください。
  • 返信用封筒1通
    定形封筒(長形3号)に82円切手を貼付の上、宛先欄に応募者の郵便番号、住所、氏名を明記してください。
応募受付期間イメージ

受付期間

2018年6月11日(月)~7月10日(火)消印有効

説明会

2018年6月30日(土)14:30~17:00
SCARTSアートコミュニケーター募集説明会の詳細はこちらをクリック

郵送先

〒060-0001 札幌市中央区北1条西1丁目 札幌市民交流プラザ2F
札幌文化芸術交流センター SCARTS アートコミュニケーター募集担当宛

  • ※郵送の際には、封筒表面に「アートコミュニケーター応募書類在中」と朱記してください。
  • ※一度提出していただいた応募用紙等の書類は返却いたしません。
  • ※応募者の個人情報は、アートコミュニケーターの選考に関すること以外には一切使用しません。

選考スケジュール

日程イメージ
1次選考
書類選考:選考結果は2018年7月18日(水)発送で応募者全員にお知らせします。
2次選考
面接審査:2018年7月28日(土)・29日(日)
選考結果は2018年8月10日(金)発送で2次選考対象者全員にお知らせします。
 

講座について

SCARTSアートコミュニケーターのこれからの活動を支える基礎的な物事の考え方やスキルを、レクチャーやワークショップを通じて学んでいきます。

日程
2018年8月18日(土)、9月1日(土)、9月22日(土)、10月20日(土)、11月3日(土・祝)、
11月10日(土)、12月1日(土)、12月8日(土)、2019年1月19日(土)、2月23日(土)
場所
札幌文化芸術交流センター SCARTS 内
講座についてイメージ

主な講師

大月ヒロ子(ミュージアムエデュケーションプランナー)
古家 昌伸(北海道新聞文化部編集委員)
佐藤 悠(アーティスト)
舘野 泰一(立教大学経営学部助教)
冨田 哲司(アーティスト/オオドオリ大学 理事)
納谷 真大(俳優/演出家)
山崎 正明(北翔大学教育文化学部教授)

アドバイザー

伊藤 達矢(東京藝術大学美術学部特任准教授)

 

SCARTS(スカーツ)アートコミュニケーター募集説明会

【説明会の記録動画はこちらをクリック!!】

日時
2018年6月30日(土) 14:30~17:00
会場
道新プラザDO-BOX(札幌市中央区大通西3丁目)
定員
80名(参加費無料、事前申込制)

説明会内容

①ガイダンス「SCARTS アートコミュニケーターとは?」
②レクチャー「人と作品、人と人、人と場所をつなぐコミュニケーション~とびラーの場合」

講師: 伊藤 達矢 (東京藝術大学美術学部特任准教授/とびらプロジェクト・マネージャ)
東京都美術館と東京藝術大学との連携による「とびらプロジェクト」では、「アートを介したコミュニティづくり」をコンセプトに、一般公募で選ばれた「とびラー」のメンバーが美術館でユニークな活動を行っています。本レクチャーでは、とびらプロジェクト・マネージャの伊藤達矢氏に、SCARTS アートコミュニケーターのモデルとなっている「とびラー」の活動の魅力や可能性についてお話しいただきます。

チラシPDFダウンロード(PDF形式:7,629KB)

札幌市民交流プラザについて

応募方法イメージ

2018年10月7日、北1条西1丁目にオープンする札幌市民交流プラザは、オペラ、バレエなどの舞台芸術に対応する北海道初の多面舞台を備えた客席数2,302の「札幌文化芸術劇場 hitaru(ヒタル)」、札幌の文化芸術を支え育てる「札幌文化芸術交流センター SCARTS(スカーツ)」、仕事やくらしに役立つ情報や札幌・北海道の魅力に関する情報を提供する「札幌市図書・情報館」の3施設からなる札幌市の複合文化施設です。SCARTSでは、文化芸術を通して「ひと・もの・こと」をつなぐことを目指し、人材育成、相談・調査研究、普及発信事業を展開します。

お問い合わせ

札幌文化芸術交流センター SCARTS
〒060-0001 札幌市中央区北1条西1丁目 札幌市民交流プラザ2F
Tel:011-271-1955 (平日9:00~17:00)
E-mail:scarts@sapporo-caf.org
アートコミュニケーション事業担当 樋泉綾子、渡部智穂