本文へスキップします。

メニュー

    • 文字サイズ
  • English
    • facebook
    • twitter
    • instagram
    • youtube

札幌文化芸術交流センター SCARTS札幌文化芸術交流センター SCARTSスマートフォンサイト

ひと・もの・ことをつなぐ。創造性の光をむすぶ。


札幌文化芸術交流センター SCARTSスマートフォンサイト メニューを閉じる

ここから本文です。


西2丁目地下歩道映像制作
プロジェクト


野口里佳『虫・木の葉・鳥の声』
Rika Noguchi “Insects/ Leaves/ Songs of Birds”
2020 | 12’00”

野口里佳『虫・木の葉・鳥の声』イメージ1

被写体との独特の距離感をもった写真や、光そのままを捉えたような静謐な作品で知られる写真家・野口里佳による映像作品。目をこらさなければ見えないような小さなものに光をあてた作品をつくりたいと、野口が現在拠点とする沖縄の山の中で撮影された。虫や葉の生き生きとした動き、不思議な響き方をする鳥の声が、沖縄の瑞々しい空気を感じさせる。

Rika Noguchi is a photographer known for capturing photo objects in distance or her calm depiction of light itself. She made this piece to capture the lay of light shed on subtle materials that are often unnoticed unless we pay attention to. It captures the lively movements of the insects, tree leaves, or unfamiliar sounds of birds that echoe in the mountains of Okinawa where she lives currently.

野口里佳『虫・木の葉・鳥の声』イメージ2 野口里佳『虫・木の葉・鳥の声』イメージ3 野口里佳『虫・木の葉・鳥の声』イメージ4 野口里佳『虫・木の葉・鳥の声』イメージ5

制作クレジット

監督・撮影・編集:
野口里佳
製作:
札幌文化芸術交流センター SCARTS(札幌市芸術文化財団)

プロフィール

野口里佳

1971年生まれ。さいたま市出身。那覇市在住。写真家。94年日本大学芸術学部写真学科卒業。大学在学中より写真作品の制作を始め、以来国内外で展覧会を中心に活動。微視と巨視を行き来するような独自の視点、人間の謎に触れるような対象の選択、その透明な色彩と詩情豊かな表現力は国内外から高い評価を受け、写真の世界だけにとどまらず現代美術の国際展にも数多く参加している。国立近代美術館(東京)、グッゲンハイム美術館(ニューヨーク)、ポンピドゥー・センター(パリ)などに作品が収蔵されている。

関連記事

野口里佳『虫・木の葉・鳥の声』イメージ6 野口里佳『虫・木の葉・鳥の声』イメージ7 野口里佳『虫・木の葉・鳥の声』イメージ8 野口里佳『虫・木の葉・鳥の声』イメージ9

photo : Kenzo Kosuge

西2丁目地下歩道映像制作プロジェクト