本文へスキップします。

メニュー

ここから本文です。

札幌文化芸術劇場 hitaru
クリエイティブスタジオ

世界演劇史/日本演劇史イメージ画像

世界演劇史/日本演劇史

日時
2019年3月16日(土)
13:30オープン 14:00スタート
講師
長島 確 イメージ画像

長島 確(ドラマトゥルク、フェスティバル/トーキョー ディレクター)

日本におけるドラマトゥルクの草分けとして、様々な演出家・振付家の作品に参加。近年は演劇の発想やノウハウを劇場外へ持ち出すことに興味をもち、アートプロジェクトも積極的に関わる。翻訳にベケット「いざ最悪の方へ」「新訳ベケット戯曲全集」(共訳・監修)ほか。2018年よりフェスティバル/トーキョーのディレクターに就任。東京藝術大学音楽環境創造科特別招聘教授

平田 オリザ イメージ画像

平田 オリザ(劇作家・演出家)

1962年東京都生まれ。こまばアゴラ劇場芸術総監督、劇団「青年団」主宰。城崎国際アートセンター芸術監督/大阪大学COデザインセンター特任教授。平田の戯曲はフランスを中心に世界各国語に翻訳・出版されている。2002年以降中学校の国語教科書で、2011年以降は小学校の国語教科書にも平田のワークショップの方法論に基づいた教材が採用され、多くの子どもたちが教室で演劇を作成する体験を行っている。

聞き手
斎藤 歩 イメージ画像

斎藤 歩(公益財団法人 北海道演劇財団 専務理事・芸術監督)

1964年、釧路生まれ。北大演劇研究会を経て、1987年より札幌で演劇活動。2000年より東京での俳優・演出家の仕事を開始する一方、札幌でも活動を続け、現在、北海道演劇財団の専務理事・芸術監督。札幌を拠点にした映画、テレビ、舞台演出など活動は多岐にわたる。

内容

2018年10月に誕生したクリエイティブスタジオでは、これからさまざまな「演劇」を上演していきます。今後、ここクリエイティブスタジオで、演劇史に残る作品、演劇の概念が揺らぐ作品が生まれることを期待して、そのはじまりの年に長島 確さん、平田オリザさんをお招きし、演劇の誕生や歴史、演劇の本質についてお話を伺います。

チケット

全席自由・税込

料金:2,000円

プラザメンバーズ先行発売 2018年12月1日(土)10:00から

WEB会員限定
札幌市民交流プラザメンバーズサイト

DM会員限定
市民交流プラザ チケットセンター窓口
(市民交流プラザ2F 10:00から19:00 不定休)
道新プレイガイド窓口(道新ビル1階 道新プラザ内)
011-241-3871(9:30~18:00 不定休、9月1日より10:00~18:00)

※会員カードをご用意ください。

一般発売 2018年12月15日(土)10:00から

札幌市民交流プラザメンバーズ会員サイト
市民交流プラザ チケットセンター窓口(市民交流プラザ2F 10:00から19:00 不定休)
道新プレイガイド (道新ビル1F 道新プラザ内) Tel. 0570-00-3871
ローソンチケット  Tel. 0570-084-001(Lコード:12021)
チケットぴあ  Tel. 0570-02-9999(Pコード:640-828)

※プラザメンバーズ先行販売で売り切れた場合は、一般販売はございません。

※ご購入方法により手数料がかかる場合がございます。

※車椅子席ご希望の方は道新プレイガイド Tel. 0570-00-3871までお問い合わせください。

※未就学児入場不可。

お問合せ

チケットに関するお問合せ

道新プレイガイド
Tel. 0570-00-3871(10:00~18:00 日曜定休)

その他のお問合せ

札幌市民交流プラザ 劇場事業課
Tel. 011-271-1950(平日9:00~17:00)

主催・後援

主催

札幌文化芸術劇場 hitaru(札幌市芸術文化財団)

後援

札幌市 札幌市教育委員会

ダウンロード

ダンス

クリエイティブスタジオ 杮落とし公演
Co.山田うん「結婚」
山田うんコレクティブダンサーズ「春の祭典」

Co.山田うん「結婚」イメージ画像
Co.山田うん「結婚」
2018年10月27日(土)・28日(日)13:30開場 14:00開演
札幌文化芸術劇場hitaruクリエイティブスタジオ柿落とし公演として、国内外で活躍する振付家・ダンサー山田うんが主宰するダンスカンパニーCo.山田うんのレパートリー作品「結婚」と、オーディションで選ばれたダンサーたちによる「春の祭典」を上演。

「春の祭典」 出演ダンサーオーディション

山田うん イメージ画像
山田うん
2018年7月30日(月)19:00~20:30
新しい劇場の誕生を、共に祝うダンサーを募集します。20世紀のダンスと音楽に、歴史的革命を起こしたイーゴリ・ストラヴィンスキー作曲の名作「春の祭典」。国内外で活躍する振付家・ダンサー 山田うん指導のもと、この名作に挑戦してみませんか。

演劇

北海道演劇財団
サミュエル・ベケット作「ゴドーを待ちながら」
≪EN ATTENDANT GODOT≫ by Samuel BECKETT

斎藤歩 イメージ画像
斎藤歩
2018年12月17日(月)~25日(火)
演出:斎藤歩|出演:斎藤歩、納谷真大、福士惠ニ、高田恵篤|舞台美術:島次郎
サミュエル・ベケットの世界遺産的名作を、札幌、東京で活躍する俳優たちが集まり、北海道演劇財団芸術監督・斎藤歩の演出でお届けします。

古典/映像

スペクタクル3D能「平家物語」

坂口貴信 イメージ画像
坂口貴信
2019年2月15日(金)・16日(土)
能楽シテ方観世流の坂口貴信による「平家物語」からの能の演目「熊野(ゆや)」と「船弁慶」のハイライトシーンを、映像作家 奥秀太郎による3D映像とともに上演。

フォーラム

世界演劇史/日本演劇史

長島確 イメージ画像
長島確

平田オリザ イメージ画像
平田オリザ
©青木司
2019年3月16日(土)
世界演劇史及び日本演劇史のフォーラム。演劇史の知識を深めるとともに2018年10月~2019年3月のクリエイティブスタジオの公演の振り返りと2019年4月~の公演の架け橋となる内容。
札幌文化芸術劇場 hitaru
クリエイティブスタジオに戻る
トップページ